Kikiのつぶやき


日記代わりにつぶやいてます
by KikiVicky
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ケニア バルーンサファリ

ケニアでは、バルーンサファリが体験できます。

出発前、ちと悩みました。
理由は、高い!のです。ひとり400ドルくらいする、というもの。
しかも、お金を払った後に、「どんな怪我しても私、訴えませんからのせてくださいね」という誓約書にサインをさせられ、拒否したら乗れないどころかお金も戻ってこない!というではありませんか・・・・
たまたま何かで目にした本に、むちうちになった話とか書いてあって、私、かなりびびっていました。とりあえず、乗らないでもいいかねぇなんて感じで、現地へ向かいました。

しかし、到着してから、「どうしますか?」と現地のスタッフにきかれ、私たち以外のメンバー3人が「乗ります!」と言っているのを聞いてしまうと、わがダンナさまは、もうとまらないのです。しかし、そんなに現金を持っていません。

「カードで払えるなら、いきます!」

主催するロッジは、高級ロッジ。使えないわけないじゃん、マスター・・・・ま、いっとくか!

というわけで、ひとり385ドルもするイベントに、参加することにしました。

最初は、マサイマラに移動した翌朝にするつもりだったのですが、既に満員で、その次の日になりますとのこと。とにかく、人気だそうです。

マサイマラに到着した日は、夜はかなり雨がふりました。翌朝はあまり天気がいいとは言えず、ジープで走りながら、遠くに飛んでいるバルーンを見て、今日はあんまりみえないだろうねぇ、明日は晴れるといいねぇなんていっていました。
この日は、とにかく早寝。理由は、バルーンから朝日を見るために、何と言っても早いのです!

キャンプサイトに、送迎の車が来たのは朝4時過ぎ。バルーンサファリを主催しているロッジは3箇所くらいあるようなのですが、どこも私たちが宿泊していたサイトから遠かったわけですね。夜行動物が見えますよといわれても、眠気が勝ち、1時間ほどの夜のドライブを経て、到着したのは超高級ロッジ。支払いを済ませ、噂の読む気にならないほど細かい字で書かれた英語の誓約書にサインし(dieだのloseだの書いてある ^^;;)久々のソファーに座り(笑)コーヒーを飲みながら出発を待ちます。

準備が出来たから、と向かうと、ものすごい轟音!熱い!
既にバルーンを膨らませ始めていて、その音がすごい!
写真とりた~~いと興奮しているダンナさまが、スタッフに早くのれ!と注意され、ものすごい勢いで乗り込むのですが・・・これがすごいんですよ。

こんな感じに乗り込むんです(写真は到着したときのものですが、姿勢は全く一緒)

d0057811_1143131.jpg


おくの下の段に、私たちいるんですが、出発のときはこの頭上というか、頭横で、ものすごい火がばんばんばんばんたかれていて、その熱を送り込むファンがまわっているんで、音も熱もすごい!もう、髪がこげてはげると思ったし、こんなんで本当に空を飛べるのか、不安で仕方なかった。しかし、その隣で「ひゃっほ~~~い!」とエキサイトしているダンナさま。その隣には、若い学生ゆうくん(彼についてはまた後日)が一緒にはしゃいでいて、私ひとり「こわいぃぃぃぃぃぃぃ!!!」と叫んでいました。

全員が乗り込むと、地上スタッフがバスケットを起こし、いよいよ飛びます。飛び立つまでがまた結構こわい。ふわっと浮いては地面に接触を繰り返すので、飛べないんじゃないかとまた不安。しかし!一旦うくと・・・・どんどん上昇!そしてとっても安定するのです!

d0057811_1146253.jpg


そして、気がつくと、パイロットがバルーンの下にうまい具合に固定しているデジカメで、写真まで撮ってくれてるんですね~。後でCDで焼いて、その場で売っちゃうんですね~。買っちゃうんですね~(笑)

d0057811_11472321.jpg

(もちろん、皆でカメラの方をむいているショットがほとんどですよ!)

気がつくと、朝日が!

d0057811_11482390.jpg


涙でてきます。360度地平線、どこまでも広がるサバンナから、朝日がのぼってくるんです。この日は天気もとてもよくて、すご~~~く気持ちよかった!
約1時間、空中散歩をする感じです。上から見る動物達は、また全然違って見える。影が移動していく感じです。
後で聞いたのですが、バルーンの高さは100mまでは行かないところを、ゆったりと飛んでいっているみたいです。パイロットは、微妙な火加減(笑)で、高度を低くしたりあげたりして、楽しませてくれます。ちなみにアメリカ人女性で、説明が全部フィートとノットだったので、何が何だかわかりませんでした(爆)

着陸は、待受けている地上スタッフの近くにゆっくりと下りていき、私たちは着席してロープを掴み、まさに、「どーん!ずずずずずずず!!」と到着。思っていたより衝撃は無く、快適な空のたびでした。

着陸すると、その横に、朝食の準備が!それこそ何の柵もないところに、突然テーブルが作られ、シャンパンが振舞われて、ホテルの朝食状態です。

d0057811_11553918.jpg


その辺、動物が普通に歩いています(笑)ただ、野生動物はあえて人間に近づくことは無いので、草食動物がちょこちょこいるくらいですけどね。
キャンプサイトで過ごしている私たちは、あまりにお上品なお食事に、動揺してましたけど、気持ちよかった!朝からシャンパンのみ過ぎ>ダンナさま

というわけで、ケニアのマサイマラに行かれる際は、ぜひバルーンサファリはチャレンジしてみてください。385ドルが高いかどうかは別にして、乗る価値はありますよ!
[PR]
by kikivicky | 2006-10-01 11:55 | おでかけ
<< ケニア 旅の仲間 ケニア マサイ族 >>


スイーツ&カフェ
モンサンクレール
おいしい、幸せ、それだけです
パティスリープラネッツ
東京23区内北部、いちおしパティスリー
t-break
おいしい紅茶を通販で
タグ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
[探索記]北2-11・1..
from ぐるぐる高円寺
アピシウス [有楽町]
from 東京+α美食☆探検記
銀座アピシウスにて、3年..
from サムスル渡邉裕晃:社長ブログ
本むら庵@荻窪本店
from 大江戸蕎麦日記
自分を変えるということ。
from ソーホー・ジャパンの小ネタ通信
#002 餃子専門店 赤..
from 餃子-魁☆餃子塾
斜線制限 用途地域
from 福祉住環境コーディネータ..
福島市不動産
from 福島市不動産案内
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧