Kikiのつぶやき


日記代わりにつぶやいてます
by KikiVicky
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ケニア 旅の準備

きっかけは、勢いだった。

夏はどこにいくんだべ?と話し始めたKIKI夫婦。
滝好きのダンナさまは、昨年は本当はイグアスにいきたかったのだけれど、航空券がとれなかったことをきっかけに色々あって挫折・・・そしてコスタリカ。

今年はイグアスか?と思っていたら、どうやらそうではないらしい。別の滝、ビクトリアに惹かれている。しかし、調べたら、水量がもっとも多いのは5月頃だというのが判明。滝は水量が重要と考えているダンナさま、再び挫折。

私は、とにかくどこだっていきたいんだけれど、例えばタクラマカン砂漠はどうだとかいっても、遺跡はどうの街はどうのと今ひとつのりが悪い。とにかく自然がいっぱいなところにいきたい、の一点張りである。
で、言ってみた。

「じゃぁさぁ、もうさぁ、ケニアでライオンとか、どうなのよ?」


最初は、それは選択肢のひとつに過ぎなかった。


とにかく、アフリカあたりならなにかあるに違いない、と調べ始める。
アフリカといえば道祖神。パンフレットをとりよせると、なるほど、色々面白そうだ。

しばらくして、オフィスにいった。
対応してくれたのは、40代くらいの男性。こういう代理店は、どの社員も、ほぼ全ての地域にきちんと自分で行っているから、何と言っても話が早い。

そして、言われた

「やっぱりね、キャンプがおすすめですよ。全然違いますよ」

ダンナさま、くいついた。
私、ちょっとびびった。

キャンプ?日本でもしたことないのに、キャンプ?サバンナでキャンプ?

「えっと・・・・動物とかは?」

「あぁ、いますよ。でもね、マサイ・マラなんか、マサイの青年が槍持って見張ってますからね、大丈夫ですよ」
「前わたしが行ったときに、近くの高台に雌ライオンがいて、じーっとこっちみててね、あのときはこわくて、何人かで手をつないでトイレいったことありますね~、ははは~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・ダンナさま、完全にはまった。


きけば、キャンプといってもツアーに組み込まれているので、ガイド兼ドライバーのほか、専任のコックがひとりつく。5人以下のグループの場合は、それだけで移動するので、皆仲良くなって楽しく過ごしてしまうらしい。

ちょっとだけ、モンゴルの日々が思い出された。ゲルだって、テントみたいなもんか。トイレもシャワーも、外歩いていったもんな。

しかし、である。私たち夫婦だけの参加だった場合、夫婦にドライバーとコックの4人旅・・・・これってなんだか、ちょっと、なぁ・・・・だった。なんとなく、である。

で、ダンナさまに交渉した。もし、キャンセルぎりぎりの1ヶ月前になっても、同じ日程でこのキャンプツアーにのっかる人が見つからなかったら、普通にロッジに泊まりましょうと。金額も高くなってしまうのだけれど、なんか、二人だけでずっとサファリしていても、微妙ではありませんか、と。ダンナさまも納得した。

2ヶ月くらい前に、仮予約。上記の旨伝える。スタッフのHさん、「集めるよう、努力したします」力強いメールが帰ってきた。

もう少しで1ヶ月前・・・という頃、立て続けにメールが入った。

「お一人、参加される方がいらっしゃいます。」
「またお二人。決定ということでよろしいですか?」

はい、こうなりゃ、いっちゃいましょう!ケニアキャンプ決定!しかしあとの3人がどういう人かはわかりませんが・・・・まぁ、キャンプやるくらいだから、面白いだろう。


正式申込みの後、私たちがやるべきことはまだありました。

まず、ビザの取得。それから、黄熱病の予防接種。
予防接種は、ケニア入国の際には必須ではなく、帰国時に立ち寄る経由国でイエローカードの提示を求められる可能性があるため。旅行会社によっては、このツアーではそういった提示を求める国がないから接種の必要がない、とうたっているが、実際には感染の危険があるわけだから、接種することが望ましいとされています。

予防接種は、お台場にある東京検疫所にて。毎週火曜日のみという厳しいスケジュール、しかも最初に希望した日は既に満杯といわれ、8/22に接種。接種後10日後から有効なので、まぁセーフ。
ついでに、どうせ仕事を休まないといけなかったので、二人で自由が丘にあるケニア大使館へビザの申請。翌日、私が受け取りだけいく。

このとき、ケニアっていいかも、と思った出来事が。
どうやら、用紙がきれていたらしく、パスポートの預かり兼引き換え証が、なんと、ポストイットにはんこをおしたものだったのだ!こののどかさ!ちょっとうれしくなって、わくわくしてしまった私たち。

その他、キャンプだからこそ必要なもの・・・
自前をすすめられた寝袋。電気がないところなので、ヘッドライトも必要。トイレットペーパーも持参。しかし、いわゆるトランクは持参できず、仮にもっていっても現地でソフトバックにいれかえる必要があり。私は、ソフトタイプで、キャリータイプにもなるバックパックでいくことにして、これも購入。ちょこちょこと、小銭が消えていく我が家でありました。
[PR]
by kikivicky | 2006-09-19 00:14 | おでかけ
<< ケニア 宿泊 まずは写真を何枚か >>


スイーツ&カフェ
モンサンクレール
おいしい、幸せ、それだけです
パティスリープラネッツ
東京23区内北部、いちおしパティスリー
t-break
おいしい紅茶を通販で
タグ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
[探索記]北2-11・1..
from ぐるぐる高円寺
アピシウス [有楽町]
from 東京+α美食☆探検記
銀座アピシウスにて、3年..
from サムスル渡邉裕晃:社長ブログ
本むら庵@荻窪本店
from 大江戸蕎麦日記
自分を変えるということ。
from ソーホー・ジャパンの小ネタ通信
#002 餃子専門店 赤..
from 餃子-魁☆餃子塾
斜線制限 用途地域
from 福祉住環境コーディネータ..
福島市不動産
from 福島市不動産案内
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧